カードローンは選ぶ比較基準を見定めて慎重に申し込もう » お金を借りるための審査とは

お金を借りるための審査とは

お金を借りる為にはどのような審査があるのでしょうか。申込書に記載が必要な項目は、氏名・性別・生年月日・家族構成・自宅の形態・自宅住所・連絡先・勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号・雇用の形態・社員数・最終学歴・入社年月・年収・勤務先の業種・職種・他社の借入れ状況などになりますが、これらを全てご記載頂いた上で審査は始まります。社員数などは契約する会社などでも調べることは、ある程度できることもありますが、大体で大丈夫だと思います。まずは同意をもらってから、信用情報を照会します。これで他社の借入れの総額や状況を確認します。この信用情報が気になる方は、直接問い合わせれば、ご本人さまでしたら、ご自身の信用情報を見ることができると思いますよ。ご記載頂いた項目や全てコンピューターに入力すると、いくらまで借入が可能なのか、借入限度額が算出されます。これは、会社によって違います。その会社独自のノウハウで、こういった属性で、これくらいの借入れがある方にはいくらとかあるのだと思います。その算出された借入金額を参考にしながら、更に検討して、最終的にいくらまで借入限度額が出せるのかが決定します。審査には、本人確認書類も合わせて、見られます。例えば、大手の会社にお勤めなのに、なぜか本人確認書類はパスポートを提出している、健康保険証も提出していただけるのか確認しようとかです。また審査の最中には、在籍確認も行います。もちろん同意を得てですが、お勤め先に個人の名前で、「○○さんいますか?」などという簡単なものです。直接電話をかけることにより、職場の雰囲気なども参考になります。

本人確認書類とは

では、審査するときは何が必要でしょうか?本人確認書類と言いますが、ご本人様を確認する書類が必要になります。本人確認書類とは、運転免許証や各種健康保険証が主になります。運転免許証をお持ちでない方も、健康保険証ならばお持ちだと思います。もしくはパスポートも本人確認書類として有効になります。運転免許証では、ご氏名・住所・生年月日・写真の記載がある面が必要になりますので、両面が必要になる場合もあります。また、健康保険証でも同じくご氏名・住所・生年月日・被扶養者欄が必要になります。パスポートに関しても、ご氏名・生年月日・住所・写真などが必要です。もし住所変更をしていなかったら?会社によって様々ですが、住所変更をしたという証明になる公共料金の請求書や領収書、社会保険料の請求書や領収書、税金などの請求書や領収書、住民票の写しなどを一緒に提出します。その際は有効期限にご注意下さい。有効期限は会社によって違いますが、大体3ケ月から6ケ月になります。また外国籍の方は、有効期限内の外国人登録証明証や、在留カード、特別永住者証明書なども合わせて提出する必要があります。即日融資ですと、これらの本人確認書類をスキャナーで撮り、パソコンで画像を送信したり、スマートフォンや携帯などで画像を撮り、メール添付で送信したり、または専用のアプリを使って送信したりして、本人確認書類の提出を行うことが出来ます。もしくは、営業時間中に自動契約機などに持参していただいても大丈夫です。

 

アーカイブ
最近の投稿
カテゴリー